弁護士は法律に精通しているので、気後れするものですが、自分の業界の法律については、対等に渡り合いたいものです。

過払い請求は法律事務所に相談しよう

法律の番である人弁護士を論破する

不動産業の売買業務に従事していると、いつしか弁護士と対峙する日が来るのかも知れません。これは、あざとい売主や買主が絡む案件の場合には、相手が法律スレスレの駆け引きを駆使してくるので仕方がありません。特に仲介業者を抜いて直接取引を行う等の悪辣な手段が使われます。こうした場合に、相手を厳しく追及することで、弁護士が登場してくるのであります。

弁護士が介入してくると、まずは意見交換の目的で事務所へ呼ばれます。そこで、対面をする訳であるのですが、弁護士の総合的な法律知識に舌を巻くのは必至であります。それだけ、色々な事案に精通しているのがわかります。しかし、こちらも不動産業のプロとして、宅建資格を有しているのであれば、少なくともこの分野においては、弁護士と対等に渡り合う必要があります。気後れしてはいけません。その為にも、日頃からの知識習得が大切であるのです。

弁護士に法律で対抗する為には、基本知識の充足は当然でありますが、関連する判例についても把握しておきたいところです。そして、あくまで、こちらに正当性があることを主張しなければなりません。いくら、相手がディベート能力が高かろうと、論理的に意見を述べなければいけません。いずれにしても、この対面により、弁護士は訴訟に踏み切るのかの判断をするのであります。

イチオシサイト



Copyright(c) 2018 過払い請求は法律事務所に相談しよう All Rights Reserved.